描き足すタイプのツヤベタブラシ

コンテンツID:1698320

  • 19,655
  • 無料

モノクロ原稿 600dpi向け。

先にベタを塗って、上から重ね描きするタイプのツヤベタブラシです。

ブラシ先端が2色になっていて、1ストロークでツヤとベタを同時に描画できるので、白飛びせずに重ね描きできます。

メインカラー黒・サブカラー白でご利用ください。

オーソドックスなジグザグ系ツヤベタには向きません
髪の毛の流れを考えながらツヤベタを入れていく方向けです。
絵柄に合う方がいらっしゃいましたら是非どうぞ。

使い方

1 だいたいの髪の毛の線画を描きます。


ーーー

2 髪を黒でべた塗りします。


ーーー

3 線画レイヤーより上に新規レイヤーを作成し、ツヤベタブラシでツヤ付き毛束を描き足していきます。
つむじを中心に髪の流れに沿って、且つ光源側に多めに描画するとそれっぽいです。
※「ツールプロパティ」パレットで「向き」の数値を調整し、光源側に白が向くように調整してからご利用ください。


ーーー

4 同じレイヤーに(またはさらに上に新規レイヤーを追加し)、先ほど描いた毛束の上にウィッグを被せる感じで盛ります。
先ほどよりも少し強めの筆圧で、やや短めの毛束を被せるとそれっぽいです。
てっぺんで盛り上がらせたり、ハネさせたりすると、躍動感が出ます多分。


ーーー

蛇足1
お好みでツヤベタレイヤーに「境界効果」を適用させ、毛束に黒フチをつけると印象が変わります。
境界効果ボタンは「レイヤープロパティ」パレットにあります。
※デフォルトではONにすると白いフチがつくと思いますが、メインカラー黒を選択した状態で「フチの色」の白い四角の上をクリックすると簡単に黒にできます。


ーーー

蛇足2
ツヤベタレイヤーの真上にグラデーショントーンを追加して、「下のレイヤーでクリッピング」ボタンを押すとこんな感じに。
さらに、光の当たる部分を、透明色を選択したツヤベタブラシで削ると美髪感が出ます多分。
※レイヤープロパティパレットの「濃度」で「画像の輝度を使用」を選択しないとグラデトーンは透けません。



コンテンツID:1698320

公開日 : 6年前

更新日 : 6年前

花鳴_郁さんのプロフィール ...もっと詳しく

時々素材アップします

出品中の素材を検索