創建隨機波動的富奇。

有六種類型的魚。
如上面的示例圖所示,用於木材、框架、框架、繪圖字元等。
我認為它可用於各種事情。
"平滑"、"粗糙"和"*mm"是方便圖像名稱。
沒有準確性。
這是因為通過擺弄 Alpha 閾值來更改線條的感覺。

此外,無論塗有什麼顏色,它始終成為"白色 + 黑色富奇"。


操作後,您將有一個層結構,如下所示。
為了方便使用,我們保留了原始圖層,並將創建的部分放在資料夾中。

根據一些事物,它也許能夠替換白色和黑色煩惱的上下。


0.2 毫米是精細和複雜的,
0.5 毫米,如富基達希和繪圖字元,
我認為1.0毫米適合大字元和人物的煩惱。
ランダムなゆらぎのあるフチを作ります。

フチの種類は6種類。
上のサンプル画のように木に使ったり、コマやフキダシ、描き文字など
色々なものに使えると思います。
「なめらか」「ざらざら」「○mm」というのは便宜上のイメージ名です。
正確さはありません。
[アルファの閾値] をいじることによって線の感じが変わるからです。

なお、何色で塗ってあっても、必ず「白+黒フチ」となります。


アクションをかけたあとは下図のようなレイヤー構成になります。
使いやすいよう、元のレイヤーを残しつつ、作成された部分はフォルダにまとまります。

物によっては白と黒フチの上下を入れ替えてもいいかもしれません。


0.2mmは細かく複雑なものなど、
0.5mmはフキダシや描き文字など、
1.0mmは大きな文字や人物のフチなどに向いていると思います。