規則的パターン作成補助(600×600)

コンテンツID:1458423

  • 26,041
  • 無料
この素材はスタジオモードでご利用いただけます。(スタジオモードとは?

パーツが規則的に並ぶタイプの「パターン元画像」を作る際のお手伝いアクションです。
「斜めストライプパターン」も作れます。
新規キャンバスは600ピクセル×600ピクセルで作成してください。

 
お手伝いオートアクションです。
ご自身で描かれたパーツを元に規則的に並ぶ「パターンの元画像」「ストライプパターンの元画像」を作る事ができます。
もちろんご自身で描かれたパーツを元にして、このアクションで作成されたパターンの元画像は<御自身の制作物>です。
単純なものですが、お役にたてれば幸いです。
 
準備) 
 ・ 600ピクセル×600ピクセル (解像度はいくつでも300でも350でも600でも可)にて「新規キャンバス作成」してください。
 
 ・ グリッドを表示させた方が目で確認しやすいのでおすすめです。
  (グリッド設定 間隔:100ピクセル 分割:4)
 
 ・グリッドにスナップオンはストライプの時には、オンにしていた方がいいです。
 
 ・無しでもいいのですが、用紙無しよりも色を入れているレイヤーがバックにある方が目で確認しやすいので、おすすめです。
 
作業)
 ①キャンバスの中央にパーツになるオブジェクトを描画します。もしくは貼り付けます。
 
 ②パーツを中央に描画(もしくは貼り付け)したら、それぞれ目的にあったオートアクションを選んで開始してください。
 
 ③アクションが終わると選択状態になっているレイヤーを、「画像を素材として登録」にて <素材のプロパティー>でタイリング: 繰り返し 上下左右にて設定し登録して下さい。
 
<各オートアクションについて>
「○600×600 200ピクパーツ敷き詰め」・・・中央に200ピクセル×200ピクセルに収まる位のサイズのパーツを描画、もしくは貼り付けて使用するのがおすすめなアクション。
 
「○600×600 100ピクパーツ敷き詰め」・・・中央に100ピクセル×100ピクセルに収まる位のサイズのパーツを描画、もしくは貼り付けて使用するのがおすすめなアクション。
 
「○600×600 斜めストライプ用(狭め)」・・・中央200ピクセル×200ピクセルの正方形の範囲にかかるように、かつはみ出るくらいの長さにて斜め45度の線を描画しアクションを開始するとストライプパターンの元ができます。
 
 図形ツール>直線ツールを使ってできます。
この時グリッドにスナップさせる&Shift押しながら斜め45度になるように!
上手くならなかった場合は、線の長さを長めにしてみる位置を中心寄りにしてみるといいです。
 
「○300×300 サイズパターン」・・・・パターンの元になる画像が300ピクセル×300ピクセルで、出来上がります。
パーツは100ピクセル×100ピクセルから150ピクセル×150ピクセルサイズに収まるくらいのものがいいです。
 
「○200×200 サイズパターン」・・・・パターンの元になる画像が200ピクセル×200ピクセルで、出来上がります。
パーツは50ピクセル×50ピクセルから100ピクセル×100ピクセルサイズに収まるくらいのものがいいです。
 
同じ100ピクセル×100ピクセル程度のパーツを、同じ位置に置いて「600×600 100ピクパーツ敷き詰め」と「300×300 サイズパターン」、「200×200 サイズパターン」でアクションを開始して作成したそれぞれのパターンを登録したものは、パーツとパーツの間隔が異なります
 
 
<斜めストライプパターンの元の作り方>
 
 

コンテンツID:1458423

公開日 : 10年前

更新日 : 7年前

星瞬さんのプロフィール ...もっと詳しく

素材ご利用&応援有難うございます。

出品中の素材を検索