こちらは「貼り替えしやすいトーン化セット」と同じ素材です。ASSETの公開設定を変更して再公開いたしました。

<このアクションのメリット>
・貼った後から濃度や線数などを簡単に変更できる。
・マスクを使わないので、データが軽い。
・通常のトーンだけでなく白トーンやベタも貼れる。
・重ねたトーンを簡単にずらせる。
・網トーンと砂目のパレットカラーがトーンの濃度と連動し、把握しやすい。

<手順>
「トーン準備」(白トーンを貼りたい場合は「白トーン準備」)をクリック。トーンを貼りたい箇所を塗りつぶす。

貼りたい濃度(アミ5%~90%、あるいは砂目5%~40%)を選択。

更に粗さを変更したい場合は線数・粗さを選択(初期状態はアミ:原稿設定、砂目:50/0)。

● 貼ってみてしっくり来なければ、後から濃度や線数を変えることも可能です。
 アミ←→砂目の変更もできます。



「ベタ化」はベタに変換されます。再びトーンにすることも可能。



「果樹園」「ラフドットABは、少女漫画などでよく使う粗めの網トーンです。
 「果樹園・小」はB5原寸で原稿を作る時に向いています。
「ラフドットB」「果樹園・小」はDXのみの機能となります。


・重ねたトーンをずらしたい時は「トーンずらしA・B」を適当に何度か押して調整してください。


「指定薄め」はオマケです。
アシスタントをする人が作家さんから受け取った指定のレイヤーを、薄い下描きレイヤーに変換する為のアクションです。
自分で仕上げをする人には必要ないので削除して大丈夫です。



DXと無料版の違いについて。
 無料版はトーンの種類に制限が加えられております。
 無料版でもごく基本的なトーンは貼れるようになっています。

アミの線数 DX 8種類 → 無料版 4種類
果樹園・ラフドット DX 各2種類 → 無料版 各1種類
砂目の濃度 DX 7種類 → 無料版 4種類
砂目の粗さ DX 4種類 → 無料版 3種類