【テクスチャ付きの3Dモデルを[レイヤーのLT変換]でレンダリングした例】
[レイヤーのLT変換]【EXのみ】は、キャンバス上に配置した3Dモデルや2D画像を線(Line)とトーン(Tone)にレンダリングする機能です。


オブジェクトランチャー
編集3Dモデルの切り替えや床面への接地、各種リセットなどができます。



[ツールプロパティ]パレット
[A]アイコンをクリックして表示を消すと、3Dモデルを選択できるようになります。
[B]光源と影のオン・オフを変更できます。
[C]輪郭線のオン・オフを変更できます。



※作例内では、CLIP STUDIO PAINT Ver.1.8.0の画面を使用しています。