小さいリングの画像です。キャンバスに直接ドラッグして貼り付けてください。 
←操作ツールのツールプロパティで画像の設定が行えます。
キャンバス上に貼り付けた後アンカーを直接ドラッグするか、ツールプロパティの縦横拡大率で必要な大きさにしてください。 
 
レイヤープロパティの「トーン化」機能で加工などいかがでしょうか。
「編集」→「変形」からパースをつけるなど色々お試しください。
※変形や着色は、画像のラスタライズや、カラーへのレイヤー変換が必要な場合があります。
 
貼り付けた画像を小さめに設定した後、タイリングにチェックを入れると、そのまま模様として使えます。 
     
 
上は、クリッピングレイヤーを上に作成してリングひとつずつ着色した例。
下は、レイヤーを複製し下のレイヤーを少しずらして立体的にした例。
画像をトーン化すればよりポップな模様が作成できると思います。 
    
 
 
何の変哲も無い画像素材ですが、工夫次第で使えると思いますので、もしよかったらお使いください。
 
※画像は先に投稿した「グラデリング作成ツール」で簡単に作成できます。
低画質の当画像は練習用にお使いください。