It is a brush made to doodle happily for oneself.
I aimed at the brush which can do the pressure only by painting a shadow while drawing a line.
I think it depends on the preference because it is controlled by pressure, I am glad if people of similar tastes enjoy.

The x (number) is the magnification of the brush size when the pressure is weak.
X 2 is almost a normal brush. I think that it is easy to use the X 4 or 5 per.

I think that the diffuse type of brush can be used as it is to the brush size to 12px.
I think that it is better to increase the particle size as well as brush size. I might as well give texture density.
The image size is twice the finished size, and the brush size is drawn with 6px ~ 8px, and the image size is reduced to 50% when the image is exported for the Web.

And an eraser with a little pencil line left in the bargain.
The layer set containing the adjustment layer (tone curve) to lighter the paper + color is put. Drag and drop or paste onto a layer of paint.
Paper is quite modest. Remove the tone curve if it is not needed.
Because it is too thick finish for a diffusion brush, please adjust it as you like. The concentration of the brush itself might be nice to adjust.



自分用に楽しく落書きするために作ったブラシです。
線を描きながら影を塗るなど筆圧のみでできるブラシを目指しました。
筆圧でのコントロールになるので好みによると思いますが、同じような好みの人に楽しんでもらえれば嬉しいです。

×(数値)が、筆圧が弱い時のブラシサイズの倍率になります。
×2はほぼ普通のブラシです。×4か5あたりが使いやすいかと思います。

拡散タイプのブラシは、ブラシサイズ~12pxくらいまでは多分そのままでも使えると思いますが、
それ以上はブラシサイズとあわせて粒子サイズも大きくした方がいいと思います。紙質濃度もあげるといいかもしれないです。
私は画像サイズは仕上がりサイズの二倍で、ブラシサイズは6px~8pxで描いて、web用に画像を書き出すときに画像サイズを50%に縮小しています。

おまけにちょっと鉛筆線が残るような消しゴムと、
紙質+色を明るめにする調整レイヤー(トーンカーブ)が入ったレイヤーセットを入れています。絵を描いたレイヤーの上にドラッグ&ドロップするか貼り付けてください
紙質はかなりささやかです。トーンカーブは不要であれば削除してください。
拡散ブラシの場合ちょっと濃く仕上がりすぎるかもなので好きなように調整してください。ブラシの濃度自体調整してもいいかもしれないです。