微妙に水彩ぽいブラシと伸ばし、なじませるブラシ+水彩っぽくするテクスチャーのセットです。
水彩感を出すにはテクスチャー(パターン)の使用をお勧めします。
ブラシ形状など一部以前配布した素材と重複しています。

<ブラシ>
※テクスチャーレイヤー無し
色を塗る各ブラシ(●▲■○)には通常と二色の二種類があります。
通常は描画色のみで塗ります。
二色はメインカラーとサブカラーを混色しながら塗ります。
穴抜き~は、紙質の拡大率で穴の大きさを変更できます。

<テクスチャー使用例と説明>
テクスチャー(パターン)は二種あります。
細かめの粒子で紙に色が染みた感じを出す「テクスチャ/水彩用紙」と、
水彩のムラを出す「テクスチャ/水彩ムラ」です。
使用例では両方をオーバーレイで重ねています。
素材から出してそれぞれ好みの合成モードで重ねてください。
もしくは「レイヤーセット/水彩テクスチャー」/二種のパターン+色調補正レイヤーを入れたものを用意したので、こちらを素材から引っ張り出して使用してください。

テクスチャーは色を塗るレイヤーの上にしてください。
線画は下でも上でもお好みでどうぞ。
レイヤーセット内の色調補正レイヤーは、
白に近い色部分を若干黄色っぽくしています。
不要であれば削除してください。

テクスチャーを使用すると色が結構変わと思うので、
塗った後ではなく塗る時からテクスチャーレイヤーをのせておくとよいと思います。
ブラシ自体にも紙質で水彩用紙っぽさをいれているのですが、どうしても塗っているうちに紙質がつぶれていくので、水彩風にする場合テクスチャーの使用をお勧めします。
別のお気に入りのテクスチャーでも全く問題ないです。

<ブラシの特徴>

※テクスチャーレイヤー有り

<おまけ>
・ミルキーーペン風ブラシ
自分で地味に気にいってるのでついでに入れました。
ゲルインク系ペン風です。ホワイトいれるのにどうぞ。

・水染みブラシ
説明しにくいんですがすでに色をぬっているところにこのブラシでぽんぽんと塗ると、染みのようなものが焼き込みで入ります。
ベースに塗ってある色によってはうまく入りません。
よくわからないと思うのでとりあえず適当に試してみてください。

・水彩ムラテクスチャ向アクション
レイヤーにムラのあるマスクをかけるアクションが入っています。
テクスチャーの「水彩ムラ」レイヤーを選択した状態で実行してください。
ムラがパターンで均一に入ってると、アナログぽさに欠けることがあるので、
ベタっとしてて気になる時に試してみてください。
あと紙目のパターンのせたときなんかもこれでムラを入れると、テクスチャまるっとのってる感がちょっと薄れると思います。
マスクにパーリンノイズかけてるだけなのでわかる方は解像度などに合わせて調節してください。

万年筆風ブラシで主線、水彩マーカーで色を塗って水彩色鉛筆風ブラシで少しタッチつけてみました。クリスタの繊維にじみブラシなども使いました。
テクスチャー2種+質感合成で紙のテクスチャー(クリスタの中目)ものせています。