…というように、「変換元フォルダー」の中の画像の輝度に応じた濃さのカケアミになるフォルダーです。「変換元」のレイヤーにエアブラシで描けば、手軽にカケアミを描けます。ちょっと違う効果が得られる素材「斜線カケアミ化」「横線化」もよろしく。
 
以下、カスタム方法。「閾値」レイヤーのアイコンをダブルクリックして閾値を調整すると全体的な濃さを変更できます。「フィルター」フォルダーの不透明度を下げると白黒のコントラストがはっきりします。そのフォルダー内の「クロス1」レイヤーや「クロス2」レイヤーをオブジェクトツールで選択して、拡大率と角度を変えれば線の間隔や角度を変更できます。描き終えた後メモリを節約して動作を軽快にするには、フォルダごとレイヤー変換で単色のラスターレイヤーにするとよいです。